個別指導塾ドクターをやめる方法

個別指導塾ドクター
この記事は約3分で読めます。

本サイトはプロモーションが含まれています。

個別指導塾ドクターは中学受験を専門に指導している塾です。ドクターに限らず中学受験塾や中学受験予備校に入る生徒は、志望校合格に向けて並々ならぬ思いを持っていることでしょう。

最後まで通い続けて第一志望の中学に合格する生徒がいる一方、途中で挫折してしまい中学受験を諦める生徒がいるのも事実です。

この記事では、中学受験に向けて個別指導塾ドクターに入ったが、途中でやめたくなってしまった場合にやめることはできるのか?また違約金はかかるのか紹介いたします。

 

個別指導塾ドクターをやめる方法

今回は、個別指導塾ドクターをやめる方法や違約金が必要かどうか。また、休会できるかどうか、休会できるとしたらその方法やメリット、デメリットについて調べてみました。

個別指導塾ドクターのHPによると、「指導終了を希望される前月末までにご連絡ください」と記載されています。つまり、5月いっぱいでやめる場合、前月の4月30日までに連絡する必要があります。

違約金はかかるの?

個別指導塾ドクターをやめる場合には、前月末までに連絡する必要があることが分かりました。では、やめる際に違約金はかかるのでしょうか?

個別指導塾ドクターのHPによると、「途中解約金等は一切かかりません」と記載されています。つまり、やめる際に違約金、途中解約金を払う必要はないということです。ただし、前月末までに連絡が必要と記載されているため、やめる当月に連絡した場合1か月分の授業料を請求される可能性はあります。

休会はできるの?

個別指導塾ドクターでは、前月末までに連絡すれば、違約金や途中解約金がかからずにやめられることが分かりました。では、一時的に休会することはできるのでしょうか?

結論から言いますと、休会することは可能です。休会した場合、一時的に通塾を停止することになりますが、通塾を再開する際には再度入会金等のお金がかからずに復会することができます。

一旦塾を休む必要があるが、数か月後に通塾を再開する予定がある場合や、今後もう一度中学受験を目指す可能性がある場合、退会ではなく休会にすることをお勧めします。

 

個別指導塾ドクターを休会するメリット、デメリット

個別指導塾ドクターでは、一時的に休会することが可能であることが分かりました。では、退会ではなく休会にするメリット、デメリットは何でしょうか?それぞれについて見ていきます。

休会するメリット

休会するメリットは、復会した際に新たに入学金がかからない点です。一度退会してしまうと、再度入会した場合にもう一度入会金を支払う必要があります。

入会金は22,000円と高額で、二度も払うのは無駄になってしまうのでもう一度塾に戻る可能性がある場合は、退会ではなく休会にした方が良いでしょう。

休会するデメリット

休会するデメリットは、一度やめてしまうと再度入りなおした時に授業のレベルについていけなくなる可能性があることです。

個別指導塾ドクターは一流の講師を集めているだけあって授業のレベルが高く、ブランクが空いてしまうと理解が遅れてしまう可能性があり、その結果受験に間に合わなくなってしまう可能性があります。休会する際は、慎重に考えた方が良いと言えます。

 

まとめ

個別指導塾ドクターは、前月までに連絡すれば、やめることができると分かりました。その際に違約金、解約金はかかりません。

また、休会にしておけば、再度復会する際新たに入学金がかかりません。なので、少しでも戻る可能性があるのであれば、退会ではなく休会にする方がメリットがあると言えます。

個別指導塾ドクターでは、やめる際にお金がかからないので、安心して入塾することができますね。

【中堅中学受験対策】個別指導塾ドクターの口コミと評判
中学受験をするにあたり、塾選びで合否が左右することもあるため、非常に重要です。 個別指導塾ドクターは中学受験に特化した塾として、由緒正しい講師陣による一人ひとりに合わせた合格への戦略をオーダーメイドします。 今回は個別指導塾...
【中堅中学受験対策】偏差値10アップを目指す塾ランキング
中学受験を成功させるためには、塾に通わせることがおすすめです。しかし、「どの塾を選べばよいのか分からない…」といった悩みを抱えている親御さんは多いでしょう。 個別指導や集団指導、さらにはそれぞれの塾の細かな特徴があります。せっかく塾に...
タイトルとURLをコピーしました